銀木犀の香りに癒されて

こんばんは。また夜遅くの更新になってしまいました。最近残業が続き、帰ってきたら20時過ぎでそこから家事、お散歩となるとこんな時間になってしまいます。

りゅうちゃんは今週は学校をお休みしたいそうで、月曜日からお休みしております(;’∀’)

色々と葛藤があるようで、私もやいやい言わずにそっと見守っております。彼に少しだけ心境の変化が見え始めています。将来について彼の口から少し話が出てきました。特に私が聞きだした訳でもなく、食事中に自然と会話からでてきたので、少しビックリしました( ゚Д゚)彼は彼なりに自分の将来を考えて悩んでいるのだと分かりました。嬉しかったです。なので、彼の現在の精神状態を維持してもらうために、今は外部からの不必要な刺激を少し遮断する意味で学校をお休みにしております(#^^#)不器用な子なので、あれもこれも同時に考えれないんですよね。

凄く心に残るエピソードがありますのでご紹介します。これは私の親友と彼女のお母さまとの話です。私の親友はとても賢く繊細な子でした。そんな彼女が高校生になって暫くしたら学校へ行かなくなったのです。

学校にも行かず、外に出ていくこともしない彼女が、毎日母親が仕事に出て行く後ろ姿をみて、申し訳なさそうに「若いのに何にもしてなくてごめんね。」と言ったら,「お母さんは後20年ぐらいしか働けないけど、あなたはこの先もっと長く働かないといけないから、今は休んでていいよ。」と返事が返ってきたのでした。

彼女のお母さんの考え方が凄く柔軟で愛に溢れていると思いました。彼女も悩んでいたけど彼女のお母さんもどうしたらよいものかと悩んでいたんですよね。悩んでいる彼女を毎日みていたからこそ、出てきた言葉だったのだと思います。決して何かを要求することなく、頑張れとも言わないし、焦らすこともせず、今は人生の休息時間だと捉えてくれている。

それからの彼女は変わりました。自分の意志で家族の為に毎日夕食を用意して、アルバイトも始めました。行っていた学校は退学し、目標を見つける為にアルバイトに励む日々を過ごしました。働く中で、やはり中学卒業ではやりたい事が出来ないと身をもって知ると、定時制の高校に編入して無事卒業しました。

りゅうちゃんは今、休息時間。これから彼は私よりも長い時間を生きていかないといけない。人生は楽しいことよりも辛い事の方が多い。そこを上手く乗り切れるような心の柔軟さだったり、思考だったり、学校で学ぶ事よりも必要な何かが今彼の求めているものかもしれないと思うと、学校は今行かなくてもいいと思ったのです。学校はあとからでも行ける。無理して学校は行く必要ない。大人よりも行動選択肢が限られている子供たちは守られているのか、それとも縛り付けられてるのか分からない時がたまにあります。もしも、学校が窮屈だと言っているのなら、ゆったりとした時間のなかで心と思考を整理するのも人生の学びに繋がるのかなと思いました。

そんなことを考えながらしゅうちゃんとお散歩をしていたら、銀木犀の香りが漂う公園へ。冷たい空気に溶け込む銀木犀の甘くて芳醇な香りが私の疲れた心に潤いを与えてくれました(#^^#)

銀木犀。この小さな可憐な花がいい香りがします。
しゅうちゃんの足元には金木犀の花びらが散っています。

投稿者: てくてくしゅうちゃん、今日もお散歩。

アラフォ-フルタイムのパート勤務の私。ミニチュアシュナウザーのしゅうちゃんと一人っ子で反抗期真っ只中のりゅうちゃんの為、日々仕事と家族に奮闘中です。

銀木犀の香りに癒されて」に2件のコメントがあります

  1. こんばんは。私の長男も高専を卒業間近にして退学しました。事情があって仕方なくということなんですが、学歴に守られない人生を歩んでいこうとしている息子のこれからの人生が不安でならないです。
    ただ、学校以外のところでやりたいことがたくさんあるらしく、働いて生きていくなかで、たくさんの人と関わり刺激を受けて成長していってほしいと思っています。成人しましたし、親としては信じてやること、見守ってやることしかできないですよね。学校に行くこと自体が大切なのではなくて、自分で考え解決していく力を身につけることが大切だと思いました。
    そうは言ってもやっぱり不安でいっぱいで、本当にこれでよかったのかと眠れない日もありましたが、本人はもっと不安に思っているはずで、それを受け止めてあげられるのは親しかいないんですよね。どうしてあげることが正解だったのかわかりません。でもこれからもいつでも温かく受け入れてあげようと思っています。大きくなっても子どもであることは変わりないので、この葛藤はずっと続いていくことになりますが。てくてくしゅうちゃんママもりゅうちゃんも頑張っていきましょう。しゅうちゃんも見守ってくれてますよ。

    いいね

    1. こんばんは!gomaumechanさん。
      温かくて優しいコメントありがとうございます。
      私も子供のやりたいように、子供の気持ちを受け入れようと決めたのに、不安で不安でたまらないです。ただ、私の人生ではなく彼の人生なんですよね。どんなにアドバイスをしても受け入れてくれない、だったら思うようにやってみたらといった感じで心を広く持って、失敗したときにちゃんと支えてあげようと思っております。自分で考え解決していく力こそ生きる為に必要ですよね。
      親以上に当事者が一番不安におもっていますよね。”親しか受け止めてあげられない”―たまに、見捨ててやろうかと思うようなこともありますが、”親しか受け止めてあげられない”思いを常に肝に銘じます。
      やりたい事がたくさんある事は素晴らしい事ですね。何も目標がなくただ周りに流されて大学へ行く子たちが多い中、やりたいことを実行されている息子さんを尊敬しますし、学歴よりもやりがいをもってできる仕事を選ぶ事が人生を豊かにしてくれると思っております。私もりゅうちゃんにgomaumechanさんの息子さんのようにまっすぐに自分の信じる道歩んで欲しいと思います。
      子供がいくつになっても親は心配する生き物なんですね。私の精神が持つか心配です ( ;∀;)
      応援ありがとうございます。
      私も微力ながらgomaumechanさんのこと応援させてください。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。