イカゲームに見た社会問題

おはようございます!昨日は送別会いってきました。どうやら仕事辞めた彼女は派遣先がきまったようで、お仕事来週から新しい職場へ派遣が決まったそう。一応、一安心だと言ってました(^^♪

話は変わって、みなさん、”イカゲーム”って知ってますか?インターネット動画配信サイトNETFLIXで世界90か国で配信され視聴者数No.1の韓国のドラマだそうです。視聴者数は1億4千万越えだとか( ゚Д゚)

ドラマの内容はというと、借金まみれで人生どん底を味わってる人達が、起死回生をかけ、究極のサバイバルゲームに参加をするという内容。ゲームに勝てば巨額の大金を手に入れる事ができるが、負ければ”死”という究極のサバイバル。プレーヤー達の参加するゲームは、韓国の子供たちが昔から遊んで親しみのある遊び”イカゲーム”という陣取りゲームでそれがドラマのタイトルになってるそうです。なんだか、日本の漫画にも似たのありましたよね?”賭博黙示録カイジ”に似てますね。

”カイジ”もそうですが、こんなにヒットしたのは内容の面白さもさることながら”イカゲーム”が現代の”貧困”というものが背景にあるからなのでは?と”イカゲーム”と”時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか?国会議員に聞いてみた”から得た私の感想を交えて考察しました。

日本も韓国も格差社会で貧困が問題になってます。日本では過去30年賃金が上がらずほぼ横ばい。しかし、社会保険料、消費税、物価はそれにかかわらず上昇。一方、GDPで日本を抜いた韓国ですが、社会保障は日本より脆弱で高齢者の貧困率が43%とOECD加盟国最下位。それに世界最速で少子高齢化が進んでいる国。そして韓国の女性と男性の賃金格差問題。韓国人女性の売春が世界で横行している問題も韓国での経済格差が生み出す現状なのです。

日本も他人事では決してなく、深刻化する少子高齢化問題、女性の非正規雇用率の高さ、そしてGDPが先進国最下位という現状、韓国と社会、経済問題的にさほど変わらないと思いました。社会保障は韓国よりはまだマシかもしれませんが、賃金上昇が見込めないと社会保障料は給与における比率を圧迫し、生活保護や児童扶養手当といった保障を受ける世帯が増えて、更に国家財政の社会保障費が増える悪循環の要因になるのではと懸念があります。

韓国も日本も劇的な経済発展が見込めるのなら、成長戦略に期待が持てますが、これだけ物やサービスにあふれた成熟経済、少子高齢化が進む国でなおも経済が劇的に発展するような要素があるのか甚だ疑問でなりません。

日本の内閣政府の言う”品質や特徴的な価格の見直しが行われ、日本の自然、歴史、文化を背景とした個性、日本初のビジネスの仕組みを発展させたビジネスモデル、ロボットなどの先進的な組み合わせによって改めて競争力を高めていく余地はあるだろう。”とありますが日本は1989年をピークにGDPはほどんど上がってません。

MONOist ~成長しない日本のGDP,停滞の20年で米国の日本の4倍、中国は3倍規模に より

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2104/19/news005.html

内閣府 第3章 人口・経済・地域社会をめぐる現状と課題 ~ 

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/sentaku/s3_2_15.html

では、どうしたら貧困問題、格差社会をなくすことができるのか???????

時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか?国会議員に聞いてみた”には、お金がないこと事で生きづらいと思う社会ではなくて、お金がなくても幸福だと思える社会を形成することが重要だと書いてありました。私もそう思うんですよね。今は個人資産何億と持っている人もいれば、預金通帳に数円しか残ってないようなその日暮らしていくことで精一杯で明日のことすら心配する人達も増えている。上記の本の中では、経済的に困窮している人達の日々の生活が安定、安心できる社会を目指さなくてはいけないと書かれており、人々が生活の安定、安心があれば消費が進み、経済活動が活発になるとありました。経済を活性化したいのなら、まず賃金を上げる事、そして、社会保障を今よりも手厚くすれば老後の資金問題を解決すること言う事も。そして、私もすべての子供たちが経済的な理由で進学が阻まれないよう大学までの教育費を無料化することじゃないかと思います。

フィンランドは世界幸福度ランキング4年連続1位でその次に2位のデンマーク、上位5位は全て北欧の国がランクインしておりいずれも社会福祉保障が充実している国となってます。一方、韓国と日本は韓国が153か国中、韓国が61位、日本が62位で比較的GDPは高いものの、日本や韓国はGDPが低い北欧に比べてかなり幸福度が低いという事実。色々な見方があるかとおもいますが、必ずしも経済が豊かな国が幸せだとは言い切れない事が分かります。これが生き辛さの大きな要因だと推察いたします。

https://graphics.reuters.com/LIFE-CAREER-LJA/0100B0CQ0S3/index.html

“REUTERS グラフィックス 世界幸福度ランキング”より

最後に、生きづらい社会を変える為に私が出来る事といえば、今度の衆議院選挙に行くことぐらいです。現状とかけ離れた理想かもしれませんが、理想を現実に少しでも近づけるには、自分の意見を反映させないといけませんよね。女性参政権行使70年という節目の年でもあるそうです。自分の想い描く社会像をしっかりと考えて候補者を選び、日本の将来を担う子供の母親の一人として、大切な一票を投じたいと思います。

Photo by cottonbro on Pexels.com

投稿者: てくてくしゅうちゃん、今日もお散歩。

アラフォ-フルタイムのパート勤務の私。ミニチュアシュナウザーのしゅうちゃんと一人っ子で反抗期真っ只中のりゅうちゃんの為、日々仕事と家族に奮闘中です。

イカゲームに見た社会問題」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。