できる事、できない事を見極める

こんばんは。今日もおつかれさまでした。りゅうちゃんは今日久々に学校行けました。

明日から1泊2日の課外学習で、今日は行かないとヤバいと思ったとおもいます。本人も学校は嫌いだけど、課外授業は楽しみのようで。それはいいのですが、本題はここから。

今日は帰ってきたら友達が遊びに来てました。それからほかの子も来て計3人でワイワイ、ゲームを楽しんでました。6時になり、友達を見送りがてら、しゅうちゃんをお散歩へ。それから、明日の出発準備する段階になったら、「しおりがない!!ヤバい!どうしよう。」

Photo by Keira Burton on Pexels.com

はい!始まった、始まった。いつもの肝心な時に大事なもの忘れるパターン。一番持って帰らないといけないもの忘れる。発達障害あるあるだね。また、やっちまったね( ;∀;)

りゅうちゃんは、発達障害があります。注意欠如優勢です。物を失くす。忘れるは毎度のこと。頭のどこかに課外授業のしおりを持って帰らなくてはとあるようですが、いざ仕舞う段階で他の事をしてしまうとそちらに気がいってしまい、結果、重要なことや大事な物を忘れてしまいます。例えば、急に誰かに話しかけられたり、帰りの会に時間がいつもより十分取れなくて焦ったりすると、注意を向ける方向が変わってしまい、重要なことでも忘れてしまいます。

はい、今日もやってくれました。持ち物がすべて書いてある”しおり”を忘れる。さぁ、どうする。答えは「学校に取りに行く。」ですよね。

でも、返ってきた答えが

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

りゅう:「もう、LINEでよくない?誰かに聞けばいいんじゃない?」と。

私:えっ(-_-;)「なんで、取りに行かないの?まだ先生たち100%学校にいるよ。ちゃっと走って取りに行っておいで。」

りゅう:「俺、足が痛いから、車で行ってくれる?」

私:「無理、今ごはん作ってる。これからベットメイキングもしないといけないから、ダメ。早く行っておいで。」

りゅう:「じゃあ、しおりなしで明日行く。」

私:「最低限やれることはちゃんとやれ。人に頼る事と迷惑をかけることは違うんだ。どうしてもやれないことは誰かにお願いしなければいけないけど、できるのにやりたくないから頼むのはダメ。行ってこい!!。」

それから何かブツブツ文句を言いながら嫌そうに学校に取りに行きました。

車で乗せて行ってあげてもよかったかなとも後で思ったのですが、毎回あてにされても困るし、足が痛くても友達とゲームは楽しんでできてたじゃんと思って。本当に痛くて無理ならゲームもできないでしょうしそとその時はパッと思っただけでした。あとでよくよく考えたら自分でできる事は日ごろからやっておかないと、自分でできる事、できない事の選別ができなくなってしまうのではと思ったので、もう一度キチンと考えておかねばと思ったので自分なりに考察してみました。

りゅうちゃんの場合、整理整頓が苦手です。物を細かく分類して、並べるという事ができません。なので、たくさんの種類のものを一つの入れ物の中に綺麗に整頓はできません。ですが、ざっくりとなら分けてしまう事はできます。例えば、今回の荷造りに関していえば、一日目に使うもの、2日目に使うもののカバンを分けてしまえばそれぞれ仕舞えます。勿論、カバンの中身はごちゃごちゃですが、自分のものですので、自分で必要な物を探せればいいのです。リストを作ればその通り物を準備することも可能です。ただ、それはリスト通りで、リストに書いてない事はもちろんですが、やれません。想定することが苦手なようです。

例えば、予備のビニール袋だったり、下着だったり、私ならもしもの事を想定して、一枚多く持つようなことを考えますが、りゅうちゃんはそれが出来ず、リストに”下着2枚”とあれば2枚しか持ちません。一応私が心配して予備の分1枚追加したらといっても、「2枚とあるから2枚でいい。予備なんてリストに書いてない。」とのご回答。一応それは想定できないという理由だけではなく、「余計な物があると、その分かたづけが大変になる。修学旅行で経験した。」という経験談もあるそうです(^^♪

こんな感じで、りゅうちゃんにあう方法さえあればやれる事はしっかりやれるのです。

話は戻りますが、”課外授業のしおり”は忘れたことに気づいたのに、それに対して自分で対処できるのにやろうとしなかったことは完全に甘えです。「注意欠如だから、しょうがないね。車で取りに行こうか。」もありかもしれないけど、もし私がいなかったら、歩いて取りに行くしかないよね。そうだった場合は取りに行かないという選択をしてしまうという事がアウトです。どんな時でも基本自分でできる事は自分でやる。自分でできる事と自分の能力ではできない事を日頃から見極める力を身につけて欲しいし、自分でできるように工夫する努力もして欲しいと思ってます。

特にりゅうちゃんの場合、何故だかできない、みんなと同じようには自分だけはうまくいかないと悩むことも多くあったようで。発達障害の診断が出てからは、あの時、蝶々結びがなかなかできなかったのは発達障害のせいなんだとか、先生の話は聞いているはずなのに、どうしても思い出せない、忘れてしまったなどはこの特性なんだと改めて感じる事が出来るようです。なので、自分のできない事、苦手なことを再分析して、工夫すればできる事、どんなに努力しても性質的に無理なんだという判断する場合も今後どんどん出てくるわけです。そこで、自己分析できていれば、無駄に悩んだりする必要がなくなれば、ストレスも減っていくでしょうし、自分で生きやすくしていけるようになって欲しいと思っています。

見極めって難しいですね。自分の事でも難しい時があるのに、子供に教えるにはどういうアプローチをしたらよいか。どこまで手を出してあげるのがいいのか。いつも考えます。やっぱりできる事はちゃんとさせないとね。何一つ一人でできない子になってしまう。毎日忙しい中で、スルーしちゃってることもあるけど、ちゃんと対応していかなきゃな。子育てって難しいし、やっぱり大変。日々奮闘です。

昨日丸一日散歩できなかったで、朝からガッツリしゅうちゃんの気の赴くままにお散歩♪

明日はお弁当つくらなくちゃ( ;∀;)早く起きないと( ;∀;)

おやすみなさい♪

投稿者: てくてくしゅうちゃん、今日もお散歩。

アラフォ-フルタイムのパート勤務の私。ミニチュアシュナウザーのしゅうちゃんと一人っ子で反抗期真っ只中のりゅうちゃんの為、日々仕事と家族に奮闘中です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。